ドラッグストアのバイトはキツい?その真相を評判と合わせて徹底解説

「ドラッグストアのバイトは、キツイの?」

「ドラッグストアのバイト経験者による評判を知りたい」など、評判やバイト内容について気になるかと思います。

そこで、本ページにおいて、ドラッグストア経験者による評判や「きつい」と感じる事を含めたバイト内容を中心に紹介していきます。

この記事でわかること

  • ドラッグストアで覚えるバイト内容
  • ドラッグストアのバイトでキツいと感じる点
  • ドラッグストアでバイトする上で得られるメリット
  • 髪色・ネイルなどのバイトする時の身だしなみ規則
  • ドラッグストアのバイト面接で聞かれる質問と志望動機のコツ
  • ドラッグストアのバイト経験者による評判

ドラッグストアで覚える5つのバイト内容

まずは、ドラックストアの仕事内容を紹介します。アルバイトが行う仕事としては、大きく分けて以下の5つになります。

  1. レジ作業
  2. 前出し・空箱戻し
  3. 接客
  4. 商品搬入・陳列
  5. 事務所整理

それぞれについて、以下で詳しく説明します。

1レジ打ち

主に、以下の作業を行います。

  • お客様をレジに呼ぶ
  • カゴをお預かりして袋を用意
  • 商品バーコードを打ちつつ、ポイントカードの有無を聞く
  • 袋詰め
  • お金をお預かりする
  • 商品お渡し

薬品の説明や発注などはバイトの仕事の範疇ではないので、ドラックストアのアルバイトはレジ打ちを極めることが最も重要になります。

「レジ打ちなんて誰でもこなせる」と思うかもしれませんが、意外と覚えることや気を付けなけらばならないことも多い作業です。

レジ打ちの各作業について、それぞれ少し補足していきます。

お客様をレジに呼ぶ

レジはどの店舗も大抵3~5つ並んで設置されています。

お客様の並ぶ列から1番距離があるレジだと、声かけをしても気付いてもらえないこともあります。そういう時はレジから危なくない程度に身を乗り出して、手を上げて「こちらへどうぞ~」と声を張ってレジに誘導します。

レジの回転率が悪いとお客様が待ちくたびれてしまいますし、列がさばけません。

入りたての頃は大きな声を上げるのが恥ずかしいかもしれませんが、少し勇気を出して接客しましょう。

反対に、お客様が気付かれないからと言って強い声で怒鳴るように誘導するのもいけません。柔らかい態度で接客するようにしましょう。

カゴをお預かりして袋を用意

初めに声かけ、お客様のカゴをお預かりすると同時に「袋お持ちですか?」と聞きます。

袋が必要な場合は、カゴの中に入っている商品を見て袋を選びます。大きさだけでなく、袋にも透明なものや色付き、紙袋など様々な種類があるので、どんな商品が入っているか?まで確認して袋を用意します。

商品バーコードを打ちつつ、ポイントカード等の有無を聞く

レジ台が広めの店舗ならそのままバーコードを打てますが、大抵の店舗だとカゴ1つ分くらいの広さしかありません。

その場合は、自分のお腹とレジ台の間にカゴを挟んでバーコードを打っていきます。

商品バーコードに打つことだけに集中していてはいけません。

大体のドラックストアはポイントカードやクーポン券を発券しているので「ポイントカードやクーポン券の方お持ちでしょうか?」と聞きます。

ここで聞くのを忘れると、会計が終わってから「あ、クーポン券あったんだけど使えない?」とか聞かれて後々面倒なことになります。

このご時世だと「ポイントカード触らないでください」とか言われることもあるので、なるべく接触は最低限に留めましょう。

袋詰め

バーコードを打ってから袋詰めは手早くやる必要があります。

最初に袋を用意してあるので、バーコードを打ったら、そのまま商品を詰めていきます。

ドラックストアは店舗によって、生鮮食品も取り扱っているところがあるため気を使って、袋詰めする必要があります。

私はお客様に「この商品はこっち!これは鞄に入れる!それは上の方に入れて!」と細かく袋詰めの指示をされたことがあります。

異様に袋詰めにこだわりが強いお客様も時折いらっしゃるので、商品の量が多い場合は「どのように袋にお詰めしますか?」と聞くのも良いかと思います。

お金をお預かりする

商品のお会計をします。

最近だと自動レジの店舗も増えてきているので、楽になったと言えば楽になっていると思います。

しかし、自動レジなのを良いことに5千円を出したのに「俺1万円出したんだけど、おつり少なくない?」といちゃもんを付けてくるお客様もいらっしゃいます。

お金のトラブルほど面倒なものはないので、大きな額をお預かりする時は、横のレジの店員に確認させるか、真上に設置されている監視カメラに数字が見えるようにしていました。

そうしておけば、後々トラブルに発展した時に自分の安全を守ることができます。

商品お渡し

袋詰めをして、お会計を終わらせたら商品をお渡しします。

袋の持ち手をくるくると丸めてお渡しすると、お客様が持ちやすくなります。

最後の声かけとしては「ありがとうございました」よりかは「ありがとうございます」の方が良いと指導されました。また来ていただけるように過去形にしない、とのことです。

2商品の前出し・空箱戻し

店内が空いている場合、一旦持ちレジから離れて前出しと空箱戻しをします。

前出しはその名の通りで、空箱戻しは薬や化粧品の空箱を戻す作業です。バイトを始めたての頃は商品がどこにあるかがわからず、空箱を戻すのも一苦労です。

レジから離れると、お客様に声をかけられることも増えるため、ドラックストアでも接客をする機会はあります。

3接客

ドラックストアの接客と言えば「この商品どこにある?」に対応することがほとんどです。

上記で紹介した前出し・空箱戻しの時に商品の位置を覚えてしまうことをおすすめします。

たまに薬についての説明を求められることもあるので、そういう時は薬剤師の人にお願いして接客してもらいましょう。

4商品搬入・陳列

店頭に出ている売れ筋商品などは、数時間で売り切れてしまうこともあるので倉庫から商品を陳列します。

商品番号をメモして、荷台を使って箱を積み上げて運びます。大体の売れ筋商品は洗剤などの重量があるものなので、運び出すときにかなりテクニックが必要になってきます。

この商品陳列については、「ドラックストアの仕事できついと感じること」でさらに詳しく解説しています。

5事務所整理

時折、シフト割り振りの中に事務所清掃があります。

事務所のトイレ掃除をしたり、クーポン券を切り分けたり、商品の空箱を組み立てたりします。

シェアフル - 短期・単発バイトも探せるバイト探しアプリ

シェアフル – 短期・単発バイトも探せるバイト探しアプリ

Sharefull,inc.無料posted withアプリーチ

シェアフル|詳細ページ ⇒

ドラッグストアのバイトする上で「きつい」と感じる3つの点

アルバイトを始める時には「仕事がどれくらいキツイのか」が1番気になりますよね。

以下からは、ドラックストアのバイトの中できついな、大変だなと感じたことを3つ紹介していきます。

  1. 薬・化粧品の種類が多すぎる
  2. 女性店員が多いため、たまに揉める
  3. 力仕事が意外と多い

1薬・化粧品の種類が多すぎる

ドラックストアはとにかく薬・化粧品の種類が多すぎます。

バイト始めたての頃は、空箱を取りに行くというイレギュラーな事態が起こるだけで緊張してしまうのに加えて、商品の種類が多すぎるために取り違えたりもよくあります。

具体的には、薬の180錠と240錠の空箱のサイズが同じだったりして取り間違えたりなどがあります。

そのまま会計をしてしまい、後からトラブルになることもあるので、商品番号をメモしてから商品を取りに行くことをおすすめします。

2女性店員が多いため、女性同士がたまに揉める

ドラックストアは大抵女性店員が多いです。

その店舗に勤めて長い女性店員は「お局」と呼ばれ、店長より権力を持っていることも多々あります。

人によると思いますが、お局と呼ばれるような女性店員は、気に入らない新人女性店員をいじめたりなどもあります。

店長にSOSを出したとしても、「〇〇さんがいないと店回らないから…ごめんだけど我慢して」と言われることもしばしばです。

女性同士が集まるとこういうことも避けられないのが実態です。なかなかキツイですよね。

反対に、新人男性店員は気に入りさえすれば、かわいがられる傾向にあります。

3力仕事が意外と多い

レジ打ちが主な仕事ですが、商品搬入・陳列の時はかなりの力仕事です。

重い段ボールを何箱も積んで移動するため、重労働であることは間違いないです。

私も実際に、搬入をしている時に爪が欠けて血が出たことがあります。

レジ打ちだけだと思って応募すると、後から「こんなにキツイなんて…」と後悔することになります。

バイト・アルバイト求人を見つけるならマッハバイト

マッハバイト|求人応募でお祝い金5,000円以上GET

Livesense Inc.無料posted withアプリーチ

マッハバイト|詳細ページ ⇒

ドラッグストアでバイトをする上での2つのメリット

そのバイト先でどのようなメリットがあるかは、アルバイト先に応募する時に重要なポイントですよね。

以下からは、ドラックストアでバイトをする上でのメリットを紹介していきます。

  1. ネイルができる
  2. アクセサリーが付けられる

以下、解説していきます。

1ネイルができる

ドラックストアは飲食店と違い、ネイルが許されています。

上記で「力仕事で爪が折れる」という体験談を紹介したので、出来る人はジェルネイルなどをして爪の強度を高めると良いかもしれません。

2アクセサリーが付けられる

ネイルと同様に、アクセサリーも多少は付けられます。

接客の時に大きなアクセサリーは邪魔になるので、小さめのピアス、シンプルな指輪などを付けましょう。

ネイルとアクセサリーがしたい人にとっては大きなメリットですよね。

カラオケ店のバイトは楽?きつい?経験者による評判と合わせて徹底解説ケーキ屋のバイトはキツい?経験者による評判と合わせて徹底解説

髪色・ピアスなど意外と緩い。バイトする時の身だしなみルール

  1. 髪色は派手過ぎなければOK
  2. ピアス、ネイル、化粧OK

以下、1つずつ詳しく解説していきます。

1髪色は派手過ぎなければOK

髪色に特に指定はないですが、常識の範囲内で染めましょう。

特に髪を縛る必要などもありませんが、下ろしていると働いているうちに邪魔になるので、最終的に結ぶことになると思います。

2ピアス、ネイル、化粧OK

上記でも解説したように、ピアス、ネイル、化粧も常識の範囲内でならOKです。

ドラッグストアのバイト面接で聞かれる質問・志望動機の書き方【2選】

「ドラックストアでバイトがしてみたい!」という方は、どんな面接なのか、どんな志望動機を書けばいいのか気になるところですよね。

最後に、面接で聞かれる質問と履歴書に書く志望動機についてのアドバイスをご紹介していきます。

  1. 土日祝日にシフトが入れるか
  2. 薬・化粧品に興味があるということを書く

1土日祝日にシフトが入れるか

どこのアルバイト先も人が足りない曜日や時間帯にシフトに入ってくれる人を積極的に採用します。

ドラックストアの場合、朝早くから営業していることも多いので、土日のオープンにシフトが入れると採用してもらえる可能性が高くなると思います。

2薬・化粧品に興味があるということを書く

志望動機は、ドラックストアの仕事に興味があるということを主に書くと良いと思います。

例としては、「将来薬剤師を目指しているので、ドラックストアでアルバイトをして今から薬について勉強をしたいと考えております。」や「化粧品が好きなため、化粧品コーナーの担当をしたいと考えております。」などです。

実際に興味がなくとも、志望動機に書くだけ書いておくと採用される可能性が高くなると思います。

ドラッグストアのバイト経験者によるリアルな評判

ドラッグストアのバイト内容だけでなく、バイト経験者による評判も気になるかと思います。

そこで、最後に、ドラッグストアのバイト経験者による評判に関して、掲示板の『ガールズちゃんねる』のコメントから有益な評判コメントを抜粋し、紹介します。

品出しは意外に腰にくる

【45】おむつとか飲み物とか意外と重いものが多くて品出しで油断すると腰がやられる。

ダンボールで手が切れたりする(特に冬)ので品出しのときは軍手か薄い布手袋したほうがいい。

薬について聞いてくる客がいたら曖昧なことは言わずにすぐ登販か薬剤師呼んで丸投げしたほうがいい。(曖昧なこと言うとキレる客もいる)

ポップ書くのは楽しい。

ガルちゃん

人間関係が最悪のドラッグストアで働いていた

【33】今日も午前中、品出し&レジをやってきたよ。

人間関係最悪。勘違いしたおばちゃんが偉そうにしてるわ。

ガルちゃん

ドラッグストアでの資格別の時給

【128】時給は、登録販売者は1050円

資格無しは950円

薬剤師パートは2500円〜2900円だった。

でも薬剤師のパートさん全然偉そうにしてなく、普通のパートの主婦さんと一緒だった。

ガルちゃん

お局が最悪だった

【49】お局2人が意地悪すぎて3ヶ月で辞めました。

お局は働かずに文句ばかり。私が1人レジ&掃除&手が空いてたら品出しで、店長はお局の言いなり。

新人が入ってもみんな辞めて行くらしい…。

ガルちゃん

コスモスはオススメ

コスモスおすすめです。従業員同士のLINE交換禁止とかあるから変なイザコザがない。

ガルちゃん

どんな業種でも人間関係が一番大事

【53】薬剤師とパートとバイトの派閥があって辞めた。

一番大変なのは、どんな業種でも人間関係。

半世紀生きてるおばちゃんより。

ガルちゃん

資格持ちはレジ業務が多い

【69】社員入社しましたが、出産を経てフルタイムパートで復帰しました。

登録販売者の資格、化粧品の資格があるので高時給で働かせてもらってます。

資格持ちはやっぱりレジが多いですが、私は品だしも好きだし化粧品売場の仕事もあるので、レジと売場の時間は半々くらいです。

社員の仕事は正直大変だったので、今はパートですが、自分の生活に合ってると思ってます。

ガルちゃん

住宅街のドラッグストアは忙しい

【89】今は働いてませんが、ドラッグストアで働いてました!

場所にもよりますし、わたしは住宅街の中に立つ郊外店でしたが、忙しい日はかなり忙しかったです。

本当に品出しのみであっても日によって倉庫の全部を埋め尽くす飲料や食品、オリコンの数々…汗だくになりながら必死に出してた記憶があります。

レジは永遠と2,3人並ぶ…が続きなかなか終わらない上に時間が経つのがとても遅く感じました。

品出し・レジ以外にも期限チェックなど細かい作業もありました。

通信高校だったので、朝昼夜全て入りました、オールいたこともあります。

売り上げがあがっていい店長であれば上に交渉してくれて数年前の話ですが最終の時給は1000円、月に13万ほど稼がせてもらいました。

変な客はいますし、変な社員さんもいますが私には結構あってたとおもいます。

なにより従業員が良い人たちばかりでした。

唯一嫌だったのが美容や医薬品の月間達成目標があるのでレジでハンドクリームを塗ってあげたり勧めたりをどれだけ混んでても必ず1人1人にやってね!と言われたことですね、達成しないと社員さんが目標金額にいくように自分で買ってたので…

ガルちゃん

まとめ

以上、ドラッグストのバイト内容や評判について紹介しました。

ドラッグストアのバイトは基本的にはキツくないですが、お局と呼ばれる従業員がいる店舗であれば、精神的にキツイかもしれません。

イチオシ『バイト求人サイト』3選

また、まだバイトに応募していない方は、こちらのお祝い金がもらえるサイトを活用してみてください。

どのバイト求人サイトも大手であり、求人数が豊富で安心して利用できるので、オススメです。

  1. アルバイトEX
    ⇒東証一部上場企業『じげん』が運営、『もれなく3万円』、Wお祝い金で最大11万円
  2. ギガバイト
    ⇒日本最大級アルバイト求人サイト、『お祝い金』がもらえる求人あり、『日払い』『単発』バイト多数
  3. マッハバイト
    ⇒『お祝い金5,000円』を最短翌日でGETできるアルバイト求人サイト

おすすめ『単発バイト』求人サービス・アプリ3選

こちらは、お祝い金はもらえませんが、日払いが可能な仕事を掲載しています。

  1. シェアフル
    ⇒単発・短期バイトをサクッと探せる『求人アプリ』
  2. シゴト.inバイト
    ⇒採用ボーナス最大1万円、『単発・短期バイト』『日払い』求人多数あり
  3. ショットワークス
    ⇒単発・短期バイトや日払いバイトに特化した『求人アプリ』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です